男の人
  1. ホーム
  2. 害獣は駆除できます

害獣は駆除できます

散布機を持つ人

健康被害があります

害獣被害は自然の多い田舎に多いものと思われがちですが、都市部でも頻繁に見られます。中でも特にハクビシンやネズミは住居に入り込んでくる害獣です。糞尿やダニ、感染症の原因となる病原菌を撒き散らしながら徘徊するので、深刻な健康被害を生じる危険があります。ハクビシンは体長60cmにもなり、同じ場所に糞尿をするので、天井が朽ちてしまう事もあります。冬眠をしないので、年間を通じて繁殖する事から数を増やして被害が拡大します。そしてネズミは2cm程のわずかな隙間からでも容易に入り込んできます。住人が寝静まった頃に深夜のキッチンで食べ物を荒らします。ネズミ駆除は侵入経路の発見が先決ですが、古い家や広い家は至る所に出入り口となる場所がいくつもあり、全て塞ぐのは簡単ではないです。

専門家への相談が必要です

自分で害獣駆除をするには捕獲器や殺鼠剤等を設置するのが一般的です。その他にも害獣が嫌がる超音波や電磁波を利用した機器の設置や赤や青色のライトを点熱させて威嚇し、害獣駆除をする方法もあります。害獣の種類により様々な方法を組み合わせてみるのが効果的です。しかし被害状況によっては害獣駆除の期間が長くなる事もあります。不快な環境で生活しなければならない上に費用も増えていきます。そうならない為にも害獣駆除業者へ相談する事が必要です。業者に依頼すれば短期間で完全な害獣駆除が可能です。ハクビシン駆除に必要な役所での手続き等も代行してくれます。ネズミが作った出入り口や破損部位も塞いで修繕してくれます。糞尿によって発生した害虫への対策方法や環境改善についてのアドバイスもしっかりしてくれるので安心です。